海外サッカー観戦に役立つデータサイト5選

スポンサーリンク

日本語で書かれた海外サッカーのデータサイトというと、スポーツナビGoal.comなどが有名です。

どちらのサイトもそこそこ便利ではあるのですが、大まかな情報は手に入っても、痒いところにまで手が届かない感があります。

「もっと詳しい情報を知りたい」「もっと役に立つサイトはないだろうか」と感じている方も多いのではないでしょうか。

というわけで、スポーツナビやGoal.com以外の、優秀な海外サッカーのデータサイトをまとめて記事にすることにしました。

その中でも有益かつ、英語が得意でなくても使いやすいサイトを5つ、紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

速報サイト・スコアブック

スポーツナビやGoal.comでも海外サッカーの試合速報は見ることができますが、先ほど述べたように数分のタイムラグがあるのがネックです。

なので、僕は海外の速報サイトを使うようにしています。主に使っているのはSoccerwayFlashscoreの2つ。

パソコンから見る場合や、情報をざっと確認したい時はSoccerway。スマホから見る場合や、情報をじっくり見たい時はFlashscoreを使っています。

どちらのサイトも優秀で、試合の30分~1時間前にはフォーメーション付きでスタメンが発表されますし、ゴールが決まってから数秒~十数秒の間にゴール速報も来ます。

基本的にはこの2つのどちらか好きなほうを使えば、速報サイトに関しては十分だと思います。

1. Soccerway

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-109

パソコンで試合の速報や結果をざっと確認したい時はSoccerway(サッカーウェイ)がおすすめです。

トップページにはアルファベット順に国のリーグ一覧が並んでおり、本日の試合予定もしくは行われた試合の結果が表示されています。

欧州CLやプレミアリーグ、リーガエスパニョーラ、ブンデスリーガ、セリエA、リーグアンなどの主要リーグの試合は、一覧の上のほうに表示されるようになっています。

詳細を見たい試合をクリックすれば、スタメンや両チームの最近の成績や順位などが表示されます。審判の名前や開催されるスタジアム名まで記載されているのは嬉しいですね。

翌日の試合予定を見たい時には、試合一覧の右上のNextを押せば見ることができます。逆にPreviousを押せば前日の試合結果一覧が出ます。

すべて英語のサイトですが、直感的に理解できるインターフェイスになっているので、英語がわからなくても操作はしやすいと思います。

スマホアプリもあるのですが、速報の誤報が結構多いので、スマホで使うのであれば後述するFlashScoreのほうが使いやすいと個人的には思います。

Soccerway

2. FlashScore.com

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-110

2つ目の速報サイトとして紹介するのはFlashScore(フラッシュスコア)。基本的な操作はSoccerwayと同じです。

サイトの見やすさではSoccerwayに若干劣りますが、掲載されている情報量はFlashScoreのほうが上だと個人的には感じます。

また、スマホアプリが結構使いやすいので、スマホから見るのであればFlashScoreのほうがオススメです。

気になる試合をクリックすれば、両チームの過去の直接対決成績やブックメーカーのオッズなどを確認することができます。

試合途中のシュート数やコーナーキック数、ポゼッション率などのスタッツを確認できるのもFlashscoreの良いところです。

Soccerwayでも試合途中のスタッツは確認できるのですが、Flashscoreのほうが情報が正確で見やすいように思います。

もちろんSoccerwayと同様に両チームの最近の成績や順位、スタメンなども見ることができます。

また、GoogleやFacebook、Twitterなどのアカウントを持っていれば入力いらずで会員登録ができ、お気に入りのリーグを登録することができるようになります。

お気に入りのリーグに登録すれば、そのリーグの試合が自動的に一覧の上に表示されます。

Jリーグや他のマイナーリーグもお気に入りに登録すれば、欧州の主要リーグと同様に上のほうに自動表示されるので、個人的には非常に重宝しています。

FlashScore.com

スマホアプリのダウンロード

データサイト

海外サッカーのデータを収集している日本語のサイトはほとんどありません。

ですが、海外のサイトであれば優秀なデータサイトはいくつか存在します。その中でも有名で使いやすいサイトを2つ紹介します。

3. WhoScored.com

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-112

まず紹介するのはWhoScored(フースコアード)選手のプレーを機械で採点するレーティングサイトです。

選手個人のシュート数、パス数、パス成功率、ドリブル数、タックル数などの細かいスタッツと、それらを総合して算出された採点を確認できます。

ちなみに採点対象のリーグは欧州の主要リーグと、ブラジルのセリエA、アルゼンチンの1部リーグ、MLS、中国スーパーリーグとなっています。

トップページの上部の「LIVE SCORES」をクリックすると、現在行われている試合の一覧が出てきて、気になる試合をクリックすると選手のリアルタイムの採点を見ることができます。

もちろん過去に行われた試合の採点も見ることも可能です。

トップページ上部の「STATISTICS」からは今季のベストチームやベスト選手のランキング、今週や今月のベストイレブンなどを確認できて、読んでいるだけでも結構楽しいです。

また、トップページ上部の「PREVIEWS」をクリックすると、今後行われる試合のレビューを読むことができます。

現在の怪我人情報、過去の直接対決の成績、試合予想などが掲載されており、試合前に読むとサッカー観戦が捗るのでオススメです。

WhoScored.com

4. transfermarkt

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-111

次に紹介するのはtransfermarkt(トランスファーマーケット)選手の市場価値を調べることができるサイトです。

過去の移籍金や、市場価値の変動推移も調べることができます。また、選手の得意なポジション、過去の成績、履いているスパイクなども掲載されています。

調べ方としては、トップページ上部のメニュー2段目から、国→所属リーグ→クラブチーム→選手名の順で入力していきます。

また、トップページ上部1段目の「MARKET VALUES」→「The most valuable players」の順に選択すると、現在の市場価値ランキングを見ることができます。

ちなみに選手の移籍の噂やニュースなども掲載されていますが、ある程度英語が分かる人でないと、読むのは厳しいかもしれません。

transfermarkt

強さの比較

5. ELOレーティング

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-113

ELOレーティングとは、強さや実力を数字で表す計算式のこと。国際チェス連盟の公式レーティングに採用されていることで有名です。

海外サッカーでも、ELOレーティングを使ってクラブチームの強さを算出しているサイトが存在しており、チームの実力を測るのに参考になります。

レートに関して説明しておくと、1500が平均レート差が200あると、レートの高い側が76%の確率で勝利すると言われています。

例えばバルセロナFCのレートは2049、セビージャFCのレートは1840となっています。(2016年10月24日現在)

大体200のレート差がある両チームですが、実際に今季の直接対決ではバルセロナが2戦2勝しており、レート通りの結果となっています。

また、A代表のELOレーティングを算出しているサイトもあります。

例えば2016年10月現在、日本代表のレートは1730で世界31位で、ちょうどW杯出場枠の32チームにギリギリ滑り込めるくらいの強さだと計算されています。

日本代表はFIFAランキングでは51位に位置していますが、それに比べるとより正確な実力を反映しているように思えますね。

ELOレーティング クラブ版

ELOレーティング A代表版

シェアする

フォローする